嫉妬は愛情ではありません!恋愛で嫉妬深い彼にイライラしない対処法2つ

質問者 20代女性

 

3ヶ月まえから5つ年上の彼とつきあいはじめました。

はじめのうちは気にならなかったのですが、最近は嫉妬されることが多くて困っています。

私のことを大事にしているからだと言うのですが、友達と会っていても機嫌を悪くします。どうしたらいいのでしょうか?

 

 

A.たとえ彼の機嫌が悪くなっても自分の意見は主張しましょう!

 

 

ご質問ありがとうございます。

アドラー流恋愛トレーナーのMIHOKOです。

 

彼の機嫌が悪くなっても、あなたは感情的にならず、自分の意見を主張しましょう。

「感情的にならない」ことがとても重要なポイントです。

 

 

そもそも嫉妬はネガティブな感情の一つです。

 

 

あなたが感情で対応すると彼は、

「同じようにネガティブな感情の領域に入って来てくれた。」

「この感情に関心を持ってくれた。」

と受け取ります。

 

同じ土俵に乗ってしまうことになるのです。

ですから、感情的になって、怒鳴ったり、ヒステリックになるのは厳禁です。

自分から「嫉妬の罠」に陥るようなものなのです。

 

 

ですから、彼の言動に落胆や寂しさを感じたとしても、絶対に感情的になるのはNGです。

 

 

冷静に自分の気持ちを伝えましょう。

あなたの誠実さや正直さを伝えるほうが、ずっと彼の気持ちを沈める効果があります。

 

それでも、なお、感情的な言動が続くときは、勇気を持ってその場をリセットすることです。

たとえば、場所を変える。出先なら化粧室に行くなど、言葉ではなく行動でその場の雰囲気を切り替えましょう。

 

 

電話の場合は、

「トイレにいくからいったん切るね。」

と言うのもいいかもしれません。

 

 

とにかく、「彼の感情と同じ領域に入らない」とうことを徹底しましょう。

 

 

 

A.嫉妬の目的を見極めましょう。

 

 

 

R・ドライカーズは「人はどのように愛するのか」の中で、嫉妬をする目的は4つあると言っています。

 

  • 欠点の言い訳をするため
  • 注目・関心を引くため
  • 主導権を得るため
  • 復讐をするため

 

 

さらにW・Bウルフは「どうすれば幸福になれるか(上)」で、以下のように断言しています。

 

 

誰かを嫉妬するというのは、その人を所有する、あるいは所有しようとすることである。

嫉妬は最も非人間的で、破壊的な感情の一つである。

弱い人、臆病な人、無知な人の用いる道具であり悲劇を招くだけで何の効果もない。

 

 

嫉妬する人は、愛する人を傷つけます。

それにも関わらず、「愛や信頼」に強い関心があるかのように振舞うのです。

でも、人は愛していなくても嫉妬します。

 

 

自分の意見をきちんと伝えること。

 

 

そして、彼が聞く耳を持たないと感じても、勇気を持ってポジティブな感情を表現しましょう。

 

 

嫉妬は愛情ではありません。嫉妬する人は臆病なのです。

自分を信頼できず、恐れています。

ネガティブな感情の渦に巻きこまれないように気をつけましょう。

 

 

参考文献

R・ドライカーズ 人はどのように愛するのか 一光社

W・Bウルフ どうすれば幸福になれるか(上)一光社